キャスト作業A バリ取りから組み上げ

2007.09.14掲載 2013.02.25改文

ウレタンレジンのキャスト作業  キャスト作業(2)バリ取りから組み上げ(ここ)  型の取り方

時の部屋トップに戻る

肘から先の 腕下パーツです。
左から、
バリと湯口の余分なな所が残っているもの→
バリ取りを済ませたもの→
ドリルでゴム穴を開けたもの、です。

カッターナイフや アートナイフで切り込みを入れて、
手で少し力を加えて 湯口の不要な部分をポキッと 切り落とします。
バリは キレイに取りましょう。
大きな段差が無ければ、サンドペーパーやスポンジペーパーで磨く時に取ってもいいかな?
作業中に 手を切らないように。

現在は違う配置で型取りして注ぎ込みしてるので、写真と少し違います。
ドリルの穴あけは、一方からではなく、両方から それぞれが繋がるように 直線にあけています。
固定して一気にあける器具などを持ち合わせていないので、手で握って作業しています。
小さいので 距離も短いし、トンネル開通工事はラクなほうかもしれません。

ドリルで 自分の手に穴を開けないように注意!
胴体 上 のパーツです。左はゴム穴を開ける前、
右は首と うでの穴が開いています。この写真では底にあたる部分は、原型から穴あきなので、ドリル作業は必要ないのです。
これだけの工具を、ゼロ妖精を作るのに 使っているのですよ。
ドリルは 小型のものなので軽めで 作業はしやすいですが、あまり大きな穴はあけられませんね(^-^)
ドリル刃のサイズも増やしたので、数が多くなったわ。
スポンジヤスリや、細かい突起を切るのにニッパー形の爪きりなんかも便利。

ドリルで削る作業をしている時は、換気しましょう!
硬化中同様+ドリル摩擦で焦げたような臭いがします。

スポンジペーパーで表面を磨いて細かいカスが飛びますが、それも吸い込まないように マスク着用をお勧めします。
不注意で多量に吸い込んで肺炎なんて事もありそうですし、予防です。

ウレタンレジンのキャスト作業  キャスト作業(2)バリ取りから組み上げ(ここ)  型の取り方

時の部屋トップに戻る

続いて組み立てです

この人形だとパーツの数は16個、ゴム2本、Sカン様のものが1個。
両手・両足先のパーツには、ステンレス製針金を使っています(0.9o)。
Sカン様のは 1.2oとか そのくらい。

ゴム@=ヘッドから両足は 三本丸より少し太いものを44pに切ってから 端の方を結びます。
100均で売っている丸ゴムの太い方を使っています。
メーカーによって引きの強さが違うので、ゴム交換時に調節してください。

ゴムA=両腕と胴上を繋ぎます。
@と同じメーカーの細い方を使っています。

脚に通るゴムは、結び目の横2〜3pの所に針金を通して、半分に折るように調節します。

胴上パーツの下から、首穴へ針金を通し、1pほどのゴムが 首穴から出た状態にします。
このときに、首穴からゴムを全部抜かないように注意。
ゴムが太いので 大丈夫と思いますが。
写真では、腕パーツを通してある状態です。
コレはどちらから先に通しても 構いません(^-^)

胴穴からゴムが出ていますが、コレが@ゴムです。

首にSカン?を通して、下にゴムを引いて 抜けないのを確かめます。
Sカンは 前後に縦に向くように、ヘッド内で固定しますので、その事だけ 覚えておきます。

首穴の方が細いので、抜け出てくる事はありません。
あまり強力で引くと 壊れますので 注意。

ゴムを指にかけて中を見ると、腕のゴムが見えます。
この前後どちらかに、またがないように脚ゴムが通っていれば大丈夫です。

脚の左右に渡すことを考えて、
ゴムが出ている根元、首の所を見ながら左右と前後にどっち向きに通すか確かめます。
腰パーツの穴に 左右に分けて ゴムを通しました。
先に左足を通すことにしたので、念のため 抜けてしまったり長さが変わらないように 洗濯ばさみで右分のゴムを止めました。
片足を通します。
針金を付け替えて、同じように 通していきます。
この時、ゴムスリットの縦向きにあわせてゴムを通すと入りやすいです。
ゴムが太い為、滑りにくいと ゴムが戻って行きません。
そんな時は 太ももと腰パーツの間の股関節を少し引っ張ると 全体が均一の引き(テンション)になります。